おすすめ・話題の商品

【予測式・実測式】体温計どれを選べばいいの?【おすすめ体温計5選】

医薬品登録販売者のヒカル店長です!

コロナの影響で一時期店頭から姿を消していた体温計ですが、最近は品ぞろえも戻ってきましたね。

体温計用の電池も一時は欠品して、毎日問い合わせの嵐でした。

まだまだ体温計をお求めになるお客さんが多いので、よくある違いについて簡単に説明したいと思います。

『実測式』と『予測式』の違い

インターネットによるアンケート結果では約7割の方が、違いがはっきり分からないと回答しておりました。

「30秒」とか「20秒」って書いてるのは、早く測れるのかな?

逆に実測ってどれくらいの時間かかるの?

など、いろんな意見がありました。

なかなか説明書を熟読する方も少ないので、簡単な違いをお伝えします。

実測式

測定部位のその時の温度を測定、表示する方式。

正しく測るには、わきで約10分、口中で約5分の時間が必要です。

(オムロンHPより)

時間はかかりますが、正しい体温が測れます。

予測式

検温開始からの温度と温度変化を、分析・演算し、わきで約10分、口中で5分後の体温を予測し表示する方式です。

(オムロンHPより)

オムロンHPより

上記の場合だと約15秒の体温の上がり方から、実際の体温を予測して、表示しています。

ほぼ正確な数値ですが、表面温度や熱がこもっているなどの理由により、少し高めに表示されることもあります。

測るたびに体温が違うから、体温計の調子が悪いと思っていた方がおられたら、予測式はそもそもそういうものだということを理解して、使っていきましょう。

ちなみに予測式のほとんどの機種は、実測でも測れます。

よくパッケージを見てもらううと、「予測・実測式」と書かれています。

【予測式で実測式として測る方法】

①通常の予測式として体温を測り、検温終了の音がなるのを待つ。

②音がなった後も、わきから離さずそのまま計測すると、再度体温計が動き出す。

③わきであれば約10分後、再度検温終了の音がなる。

この記事を書くにあたって、家にある予測式の体温計で実測検温しましたが、5回測って体温が違ったのは1回のみでしたので、予測の精度が高いと思います。

(温度が違ったときも0.1℃違っただけでした)

おすすめの体温計5選

実測式

・オムロン 電子体温計 けんおんくん MC-170 実測用

店舗でも実測で圧倒的に売れている機種。

分かりやすいシンプルなつくりと、表示の体温が見やすい液晶を採用。

お手頃価格で、優秀な実測式。

予測式

・オムロン 電子体温計 スピード検温15秒予測 けんおんくん MC-688 ホワイト

15秒で測定可能。

オムロン製で誤差もほとんどありません。

・オムロン 電子体温計 けんおんくん わき専用 MC-681

画面が大きく、非常に見やすい。

・テルモ 電子体温計 【スピード検温式 平均20秒】 ET-C231P

テルモの予測式タイプ。

表示が見やすい。

・シチズン 電子体温計 CTE501 予測式 (約60秒)

シチズンの60秒タイプ。

まとめ

いろいろなタイプがありますが、予測式を買うのがオススメです。

実測式としても使えますし、毎日検温する方は早く測れる方がいいと思います。

非接触のものや、耳で一瞬で測れるものもありますが、制度が今一つのものも多く、からだの表面温度に左右されて、測るたびに数値が違うこともあります。

大人数に対応するのには、誤差が多少あっても問題ないので使えますが、個人で使うのであれば、わきで測る予測式のものを使いましょう。

※昔ながらの水銀体温計は製造禁止になりました。処分する際は各自治体に問い合わせてください。

この記事書いた人

ABOUT ME
みっちぃ
教育大学心理学部を卒業後、小売業で10年以上店長・スーパーバイザーとして働きました。当時6,000億企業で新卒採用、会社ブランド再構築に携わりました。その経験をいかし、コンサルタントとして独立しました。 自身の経験とコンサルティング先での問題解決から、簡単な小売・販売業の知識や、現状満足しないお給料の方でも個人レベルで資産形成できるよを応援したいと思います。 その他個人的に、気になったトピックや商品についても雑記します。