学び・資格

販売業における計数【消費税】

消費税の仕組みと概要

消費税は特定の物品やサービスに課税する個別間接税とは異なり、消費に広く公平に負担を求める間接税です

消費税の課税対象は、国内において事業者が事業として対価を得ておこ会う資産の譲渡、貸し付けおよび役務の提供と外国貨物の輸入です。

この消費税は、生産及び流通のそれぞれの段階で、商品や製品などが販売される都度その販売価格に上乗せされてかかりますが、最終的に税を負担するのは消費者となります。

消費税表示

消費者に対する「値札」や「広告」などにおいて価格を表示する場合には、消費税相当額を含んだ支払い総額の表示を義務付ける総額表示方式が実施されています。

総額表示の義務付けは、消費者に対して商品やサービスを販売する課税事業者が行う価格表示を対象とするもので、それがどのような表示媒体よるものであるかを問いません。

「税抜価格」を強調表示して、下や横に「税込価格」を表示するものも可能となっております。

ABOUT ME
みっちぃ
教育大学心理学部を卒業後、小売業で10年以上店長・スーパーバイザーとして働きました。当時6,000億企業で新卒採用、会社ブランド再構築に携わりました。その経験をいかし、コンサルタントとして独立しました。 自身の経験とコンサルティング先での問題解決から、簡単な小売・販売業の知識や、現状満足しないお給料の方でも個人レベルで資産形成できるよを応援したいと思います。 その他個人的に、気になったトピックや商品についても雑記します。