学び・資格

職場でのイジメがなくならないのはなぜ?

職場でのイジメの多くはパワハラ

職場では、モラルハラスメント、パワーハラスメント、セクシャルハラスメントなど、様々なハラスメントがあります。

これらのハラスメントは、職場イジメといえるでしょう。

厚生労働省の統計によると、年間に5万件を超える相談が寄せられているといいます。

相談をされていない人もいるので、実際はもっと多いでしょう。

日本産業カウンセラー協会が行ったアンケート調査によると、

・調査対象の役8割が、職場イジメが認められました。

・そのうち約8割がパワーハラスメントだといいます。

・内容としては、「罵声を浴びせる」「怒鳴る」「威嚇する」などだけで68%を占めました。

イジメには一体感を高める機能もある

イジメは許されない行為です。

ではなぜイジメ起きるのでしょうか。

それはイジメを通じて、一体感が高まるという側面もあります。

カンザス大学の英でルマンは、同一集団内にあえてイジメの対象をつくることは、その他のメンバーの凝集性と一体感を高める効果があると指摘します。

イジメの対象はブラック・シープ(黒い羊)と呼ばれますが、黒い羊がいるからこそ、白い羊が結束できるというのです。

イジメの対象をつくりあげることで、その他のメンバーはしっかりと結びつきを確保できます。

だからといって、イジメを続けてよいという話にはなりませんが、イジメは発生しやすい原因の1つといえます。

イジメ困ったらすぐに相談を!

職場でのイジメによって困ったときには、すぐに相談するようにしてください。

イジメは「我慢すればなくなる」というものでもありません。

嵐が過ぎるのをじっと待つだけで積極的に行動しないと、いつまでも解決しないのです。

また、自分で何とかするというよりは、むしろカウンセラーや、公共の相談所などに頼ったほうが、問題をすみやかに解決できます。

ABOUT ME
みっちぃ
教育大学心理学部を卒業後、小売業で10年以上店長・スーパーバイザーとして働きました。当時6,000億企業で新卒採用、会社ブランド再構築に携わりました。その経験をいかし、コンサルタントとして独立しました。 自身の経験とコンサルティング先での問題解決から、簡単な小売・販売業の知識や、現状満足しないお給料の方でも個人レベルで資産形成できるよを応援したいと思います。 その他個人的に、気になったトピックや商品についても雑記します。