学び・資格

【心理学】職場での悪口はOK?

心理士・コンサルタントのみっちぃです。

職場での悪口は、誰でも言ったり聞いたりした経験があるのではないでしょうか?

職場でのイジメに繋がるものは、もちろんよくありません。

ただし、悪口を通して起こるコミュニケーションもあると心理学ではわかっています。

悪口を言いあうのは親密さの表れ

職場では、悪口で会話が盛り上がり、会話に花が咲くことがあります。

他人の陰口を言ったり、悪口を言ったりするのは、ダメだとされていますが必ずしもそうではありません。

適度に悪口を言いあうのはガス抜き作用があります。

それにお互い軽口をたたくのは、親密さの表れでもあります。

アメリカの心理学者照り音は38歳から53歳までのミドル・マネジャーについて調べたところ、皮肉や悪口なども、必ずしも職場の雰囲気を悪くするものではなく、むしろチームの繋がりを強くする効果があることが分かりました。

つまり集団の一体感を高めることが研究で分かりました。

たしかに、心を開いていないと悪口やジョークを言いあいもできませんし、仲のいい証拠だということがわかります。

悪口をいうときにはルールがある!

ただし、悪口を言うのにはルールがあります。

あらゆる悪口がいいわけではありません。

テリオンによると、以下のルールがあることも示されています。

・その場にいない人の悪口は避ける

・自分の悪口を言われたら、自分から笑う

・悪口を言った人を怒らない

・特定の人ばかりをターゲットにしない

・あくまでもフェアに

こうしたルールを守るのであれば、悪口もまた集団に必要だといえるでしょう。

まとめ

上記にあげたように、特定の人に対して、嫌がっている人に対して、悪口を言うことは好ましくありません。

お互い信頼関係ができ、軽いジョークが対等に言い合える関係であれば、集団の一体感を高めるためのコミュニケーションといえるでしょう。

ルールを守ったうえでのコミュニーケーションなら、悪口も悪いものではないかもしれません。

ABOUT ME
みっちぃ
教育大学心理学部を卒業後、小売業で10年以上店長・スーパーバイザーとして働きました。当時6,000億企業で新卒採用、会社ブランド再構築に携わりました。その経験をいかし、コンサルタントとして独立しました。 自身の経験とコンサルティング先での問題解決から、簡単な小売・販売業の知識や、現状満足しないお給料の方でも個人レベルで資産形成できるよを応援したいと思います。 その他個人的に、気になったトピックや商品についても雑記します。