ニュース

ドラッグストアでパート採用される為の注意点

今回はドラッグストアで採用される為の注意点と、採用する側がどこを見ているかをお伝えします。

ドラッグストア店長として10年以上働いていて、その経験から「この人は採用したいな」と思ったり、「この人とは一緒に働けないかな」と思ったりしたことをお伝えします。

どんな人が採用されるの?

コミュニケーションがきちんととれる人です。

接客業なので、お客さんと話すことが多くなります。

レジでの対応、売り場での商品問い合わせ等、多くの時間お客さんと関わることが多くなります。

また化粧品についてお客さんから聞かれることも多いです。

また登録販売者の資格をとることで、医薬品の接客を行うこともあります。

日々お客さんと接することが多いので、コミュニケーションをとれることは大切です。

ここでいうコミュニケーションとは「お客さんの要望を正しく理解し、適切に情報提供できること」です。

簡単に言うと「お客さんの言ってることを理解して、受け答えができる」ということです。

面接の短い時間ではありますが、面接中にその店の採用担当と話がかみ合わないと「この人コミュニケーションとりずらいな。うまくやっていけるかな。」とネガティブな印象をもたれてしまうでしょう。

どんな服装でパートの面接に行けばいいの?

正直服装は関係ありません!

と言ってしまうと話が終わってしまいますが…(笑)

清潔な身だしなみであれば、問題ありません。

化粧に関しては、ノーメイクは避けた方がいいと思います。

店舗では化粧品を扱っている為、お客さんから問い合わせもあります。

入ってから知識として覚えることも多いですが、取り扱い商品に少しでも関心がある方が仕事が長続きすると思います。

登録販売者で入社したから医薬品以外の業務はしないということは、ありませんので幅広く興味を持っている方がいいと思います。

「登録販売者として活躍できる企業は多いので、興味のある店で働こう!」

ドラッグストア→医薬品・化粧品・日用品・食品。店舗によって異なるが、他業種に比べて化粧品の構成比が多い店が多い。

・ホームセンター→ドラッグストアより多くの商品を扱っている。日用品が豊富。

・家電量販店→家電・日用品・おもちゃ等の取り扱いもある。

・スーパー→食品の構成比が多い。日用品の品揃えは店舗によるが、少ないところもある。

・コンビニ→働ける店舗・時間がまだ限定的。

資格を持っていいた方が有利?

ドラッグストアで生かせる資格はいくつかあります。

ほとんどの場合では資格の有無で合否が左右されることはありません。

ただし、登録販売者を持っていると社員や既存の資格者の負担が軽減できるので、店舗によっては有利になると思います。

登録販売者は店舗でパートやアルバイトをしていても取得しやすい資格のため、働いてから目指す従業員も多くいます。

各社金額は違いますが、資格者手当もつきます。

【2021年度版】登録販売者とは?資格の取得方法・給料・試験内容・合格率・コロナ禍の採用事情について 登録販売者とは?その仕事内容や資格の取得方法・給料・国家資格なのか・薬剤師との違い・試験内容について紹介します。 登録販売者とは...
登録販売者は独学で合格できる? 登録販売者を受験しようと考えた時に、「独学でできるか?」「通信教育やスクールに通う方がいいのか?」考えると思います。 この記事で...

美容系や健康系の資格は知識としては生かせることもありますが、ほとんどの方が持っていませんし、通常業務で求められることもありません。

まとめ

ドラッグストアで働くことに興味を持ったら、まずはお客さんとして買い物に行ってみて、お店の雰囲気やどういう仕事をされているか見てみましょう。

すぐに採用にならなくても店舗側の事情(朝のパートさんが欲しい、夜のアルバイトが欲しい、土日スタッフが足りない)があるので、気にせず他のドラッグストアを探しましょう。

今はドラッグストアの数も多いので、自分に合ったところが見つかると思います!

ABOUT ME
みっちぃ
教育大学心理学部を卒業後、小売業で10年以上店長・スーパーバイザーとして働きました。当時6,000億企業で新卒採用、会社ブランド再構築に携わりました。 自身の経験とコンサルティング先での問題解決から、簡単な小売・販売業の知識や悩みの解決方法を書いています。