学び・資格

わずかな値段の違いで売上は変わる?

1円でも安い方がよく売れる

商品の価格は「10,000円より、9,980円」「100,000円より、98,000円」に設定されているなど、きりの悪い価格に設定されていることが多いです。

「100円と99円」だと、わずか1円の違いしかありませんが、これによって消費者の購買行動は変わります。

これを端数効果といいます。

フランスのブルターニュ大学のゲーガンは、男女2名ずつに、400世帯を訪問させ、パンケーキを売ってもらう実験をしました。

訪問する家庭によって、「1.99フラン」という端数で売るのか、「2フラン」というきりのいい価格で売るのかを変えて販売しました。

その結果、「1.99フラン」で販売した方は、200世帯中118世帯(59.0%)の人が買ってくれました。

一方「2フラン」で販売した方は、200世帯中91世帯(45.5%)の人が買ってくれました。

ほとんど値段が変わらないにもかかわらず、15%ほども差がでました。

様々なお店で、半端な値段設定をしていますが、消費者の購買行動を考えると、理にかなっています。

高額商品は端数にしない方がいい

ただし、どんな商品でも端数にすればよいのかというと違います。

高額の商品などは、端数にすることで、安っぽく感じて魅力が減ることもあります。

例えば「1億円の宝石」という方が「9,900万円の宝石」というよりも、価値があるように感じます。

同様に「5億円の豪邸に住む有名人」という方が、「4億9,800円の豪邸に住む有名人」というよりも、インパクトがあります。

扱う商品や、作りたいイメージに合わせて、端数で対応した方がいいかどうかを、判断しましょう。

ABOUT ME
みっちぃ
教育大学心理学部を卒業後、小売業で10年以上店長・スーパーバイザーとして働きました。当時6,000億企業で新卒採用、会社ブランド再構築に携わりました。その経験をいかし、コンサルタントとして独立しました。 自身の経験とコンサルティング先での問題解決から、簡単な小売・販売業の知識や、現状満足しないお給料の方でも個人レベルで資産形成できるよを応援したいと思います。 その他個人的に、気になったトピックや商品についても雑記します。