学び・資格

販売業における計数【PI値】

PIとはPurchase Indexの略で購買指数のことです。

客数当たりの売上実績を一人当たりではなく「客数1,000人当たりの売上数量・金額」で表した指標です。

PIには2つあり、点数PIと金額PIで表されます。

点数PI値:

  点数PI値=(当該商品の期間販売点数÷期間販売客数)×1000

金額PI値:

  金額PI値=(当該商品の期間販売金額÷期間販売客数)×1000

例)

日付3月20日3月30日
客数500名1,000名
商品A
売価100円
売上個数:20個
売上金額:2,000円
商品B
売価200円
売上個数:30個
売上金額:6,000円
点数PI値(20個÷500名)×1,000
 =40個/1,000名
(30個÷1,000名)×1,000
 =30個/1,000名
金額PI値(2,000円÷500名)×1,000
 =4,000円/1,000名
(6,000円÷1,000名)×1,000
 =6,000円/1,000名

商品Aの方は点数PI値が高いことから、お客様の購入率が高いことが分かります。

その為日替わり商品や、店頭集客商品としての効果があることが分かります。

商品Bの方は金額PI値が高いことから、店舗の売上高確保にはBの方が貢献していると考えられられます。

目立つところ、手に取りやすいところに展開し、売上高アップの効果があることが分かります。

ABOUT ME
みっちぃ
教育大学心理学部を卒業後、小売業で10年以上店長・スーパーバイザーとして働きました。当時6,000億企業で新卒採用、会社ブランド再構築に携わりました。その経験をいかし、コンサルタントとして独立しました。 自身の経験とコンサルティング先での問題解決から、簡単な小売・販売業の知識や、現状満足しないお給料の方でも個人レベルで資産形成できるよを応援したいと思います。 その他個人的に、気になったトピックや商品についても雑記します。