学び・資格

プロモーションが購買行動に与える影響は?

値引きとおまけはどっちがいいの?

販売促進に役立つ仕掛けをプロモーションといいます。

新商品の宣伝をしたり、ブランド価値を高めたり、ノベルティを配ったりと様々なプロモーションがあります。

プロモーションの種類には商品の値引きをする価格プロモーションとノベルティなどおまけをつけるおまけプロモーションがあります。

商品に対して「50%オフ」するのが価格プロモーションで、「1個買うと、もう1個無料」というのがおまけプロモーションです。

これらは値段としては、1個半額で買えるので同じことを意味していますが、どちらのプロモーションが有効でしょうか。

中国のチャイニーズ・アカデミー・オブ・サイエンシズのリーは「50%オフ」と「1個買うと、1個無料」の2つを比較する研究をしました。

その結果商品によって、好まれるプロモーションが違うことが分かりました。

よく使う商品はおまけが有効

牛乳や卵など、よく消費される商品はおまけプロモーションが有効でした。

よく使うから「もう1個もらえる」方が嬉しいと感じ、購買欲求を刺激しました。

一方あまり消費しない調味料などは50%オフの価格プロモーションが有効でした。

あまり使わないので、もう1個もらえるよりは、安く買える方がいいと感じたようです。

たしかにあまり使わない商品を無料だからといって、2個も3個も貰っても置き場所に困ります。

商品によって好まれるプロモーションが違うので、うまく活用することで、売上アップにつなげることができるといえます。

ABOUT ME
みっちぃ
教育大学心理学部を卒業後、小売業で10年以上店長・スーパーバイザーとして働きました。当時6,000億企業で新卒採用、会社ブランド再構築に携わりました。その経験をいかし、コンサルタントとして独立しました。 自身の経験とコンサルティング先での問題解決から、簡単な小売・販売業の知識や、現状満足しないお給料の方でも個人レベルで資産形成できるよを応援したいと思います。 その他個人的に、気になったトピックや商品についても雑記します。