学び・資格

店内BGMによって売上は変わる?

スローテンポの曲は滞在時間を伸ばす

スーパーやドラッグストア、百貨店などでかかっている店内BGMはお客さんの心理に影響を与えます。

どのような音楽をかけるかによって、購買行動が変わります。

お客さんの回転率を上げるためには、速さリズムの曲をかける店もありますが、心理学的には控えた方がいいです。

というのもスローテンポの曲をかけた方が、滞在時間が長くなり、売上に繋がるというデータが出ているからです。

曲の速さの違いで売上が上下する?

アメリカのロヨラ大学のミリマンは人口15万人ほどの中都市にあるスーパーマーケットで実験を試みました。

月曜日はスローテンポの曲、火曜日は速いテンポの曲、といった具合に店内BGMの速さを変えて、売上の変化を調べました。

その結果、スローテンポの曲をかけた方が、お客さんの滞在時間が増え、売上が38.2%も増加しました。

回転率は速いテンポで上がる

ミリマンは同様の実験をレストランでも行いました。

この時スローテンポの曲をかけた時の平均滞在時間は56分、速いテンポの曲をかけた時の平均滞在時間は45分でした。

お客さんの回転率を上げるという点では、速いテンポの曲をかける効果はあるといえます。

しかし、売上を調べると客単価は平均して1.4倍もスローテンポの曲の方が高いというデータがでました。

どちらがいいという、正解はありませんが、店内BGMによる購買行動の変化について知り、自店の売上増加の為にどちらを選択するべきか、考えてみる必要があるといえます。

ABOUT ME
みっちぃ
教育大学心理学部を卒業後、小売業で10年以上店長・スーパーバイザーとして働きました。当時6,000億企業で新卒採用、会社ブランド再構築に携わりました。その経験をいかし、コンサルタントとして独立しました。 自身の経験とコンサルティング先での問題解決から、簡単な小売・販売業の知識や、現状満足しないお給料の方でも個人レベルで資産形成できるよを応援したいと思います。 その他個人的に、気になったトピックや商品についても雑記します。